子犬でいる頃がしつけに最適だろうと思います…。

始終好き勝手にさせず、子犬の時期からしっかりとしつけを実践していたら、柴犬ほどにオーナーに忠実な犬はいないかもしれない、というくらい飼い主の指示に従うんじゃないでしょうか。
子犬の時期は見返りを求めて鳴くことが多いようです。とは言っても、行き過ぎのしつけを実行すると、「威嚇咆哮」に至ることさえあります。なので、注意してください。
ポメラニアンの場合、部屋の中で飼うので、トイレのしつけというのは肝心です。おトイレをしつける場合に重要であるのは、トイレの位置をポメラニアンにきちんと習得させることだと思います。
大人の犬でもトイレとか、様々しつけることは十分に出来ると思います。それよりも新しい犬が周りの環境に馴染むのが必要だと考えます。
何年か前はトイレのしつけ訓練は犬が粗相をすると叩いたり、鼻を汚物にこすってしかりつけるやり方が普通でしたが、それらはいまでは不当です。

特別しつけをしておくと良いのが、飛びつきじゃないでしょうか。遊びで、突然ラブラドールが飛びついて、思わず噛んで、傷害事件を起こすことさえあるかもしれません。
何よりも、賞賛してみるのが最も良いです。トイプードルは、普通聡明で明るい犬種の1つです。それらを一層伸ばすしつけの方法が最適だと思います。
子犬でいる頃がしつけに最適だろうと思います。私たち同様に、それなりに成長期を終えた犬よりも、子犬たちのほうがしつけを素直に受け入れるのは、当然だと言えるでしょう。
ポメラニアンような犬は、しつけをされつつ徐々に関係を築くのを楽しく感じる犬です。子犬の時からちゃんとしつけを続けることが良いでしょう。
よくあるしつけ教材は「吠える犬たちをどう矯正するか」のような方法論だけに拘っています。でも、吠える原因がまだあるとすると、意味などありません。

効果のある手法を用いて、子犬の時期にしつけを実践すれば、いつまでも飼い犬との暮らしが、きっとハッピーで、大切なものになるはずです。
犬の中でもラブラドールは色々と学び、しつけ方が適切だと、それなりの潜在能力を誘引できる、とても優秀なペット犬であるといえるでしょう。
チワワが人間社会で調和のとれた生活をするとすれば、きちんと社会性を体得しなければならないでしょう。なので、子犬の早い時期からしつけるようにしないといけないのではないかと思います。
きちんとしつけることが必要なんです。基本的に、ミニチュアダックスフンドをしつけようとする時に覚えておいてほしいことは、茶目っ気ある性格のことを、しっかり知る努力をすることだと言います。
子犬が飼い主などを噛む時は、「噛むことは良くない」と、しつける絶好のタイミングだと思います。もし噛まなければ、「人を噛んではいけない」というしつけをすることは困難です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です